ありがとうありがとうそしてありがとう

Thank you

ビジネスネタです。

先週とある会社に仕事の発注をしました。

私自身が営業マンですから、
【発注の連絡】、そういうことは直接伝えてあげたくて、営業担当さんへ直接電話をかけました。

しかしながら当のご本人はお休み。仕方がないので伝言をお願いしました。

ただ、よく聞くと、逆に土曜日には会社に出てくると感じのいい事務員さんが教えてくれたので、「御社に仕事をお願いしますので担当者さんに宜しくお伝え下さい。あと、私も明日は出ていますから、何かあればお電話下さい。」と伝言しました。

さて、今週です。

私は思います。
「そういえば連絡なかったなぁ。」

さらに「あれ?伝言自体は伝わっているのだろうか?伝わっていなかったら、作業の手配がもれたら段取り狂うな。まずいな。」とだんだん不安になってきました。

しょうがないので受話器をあげました。

私「いつもお世話になっております。株式会社○○のGawRikuと申します。営業担当のYさんをお願いしたいのですが。」

Y「Yです。」

私「先週、女性の○○さんに伝言をさせて頂いたのですが、お聞き頂いていますか?」

Y「はい!この度はありがとうございます!あっ、作業準備の為の道具ですかね?どういたしましょうか?」

私「・・・・・。」

私「てっきり伝わっていないのかと思いましたよ。(これはただの嫌みかもしれませんね(-。-;)」

Y「あー、ちゃんと聞きましたよー。(妙に明るい)それでですねぇ・・・」

以下省略

どう思います?

聞いていたならね、連絡くらいしてくればいいのにね。
「確認の連絡」って知らないんですかねぇ?

「ご発注ありがとうございます!」はついでで構わないから、
「確かに承りました。」が欲しかったですね。

洋服屋さんに行って、「この服下さい。」と言いますよね?
「これですね?ありがとうございます。」って言ってくれますよね。
ただ黙っていられたら嫌な感じでしょう?

うーん不思議だ。。。

 

バナー1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です