電話取り次ぎの時のポイント、対応方法について

Telephone

昨日は何ヶ月かぶりの休み(代休)だったのに・・・。

携帯メールを受信。

見ると後輩のA君から。

「お休みのところ失礼します。H製作所のTさんからお電話がありました。折り返し電話をして頂きたいとの事です。」

・・・??

その対応は違うだろ?

ここにおける問題点は3つ。

1.先方さんにはきちんと(正直に)「うちのGawRikuは休みです。」と言って欲しい。

2.それでも直接本人と話がしたいとおっしゃるのであれば、少なくともその用件を聞いておいて欲しい。

3.メールではなく電話してきなさい!

休み中でも話をしたいという背景からは、緊急、もしくは重要、あるいは緊急かつ重要な用件ということが推測される。

なんで「緊急時の連絡手段」にメールを選択するのよ?

携帯メールを入れる前に、携帯に電話してくればいいじゃない!?

メールなんて届いたかどうか分からないじゃない。

開封確認を求めてもいなかったし。

メール見てくれました?という確認の電話をしてきたわけでもない。

だったら連絡が取れたか、メッセージが伝わったかどうかなんて分からないじゃない。

「本人から折り返し電話をさせる」前提で話を受けたのだったら、

責任を持って連絡、対応しないといけないでしょ?

こっちから連絡してあげるってことが完結されない限り、

結局はお客さんに失礼になるからね。

20代も後半のI君、

私の直接の部下ではないけれど、

あなたも会社の顔なのよね、

しっかりしてもらわなくちゃ困るなぁ。

 

スポンサードリンク
>>【誰でも簡単!ビジネス英語】

 

バナー1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です