営業マンが注意すべき口癖

keep saying

CMなどで有名な運送会社さん・・・、どことは言いません。

そこの営業さんへ電話をしました。
内容は先方からFAXされてきた見積書について。

私はFAX送付状の発信者Wさんに電話しました・・。

「この見積の中の○○という項目ですが、この部分の作業については私共でさせて頂くとしたら?つまり御社から見て別途としたら、金額はこの項目分だけ安くなる。そう考えてよろしいですよね?」

相手「うん。えーっと。それは・・、担当に確認して折り返し電話します!」

私「!?・・・・?? え? ・・はい、お願いします。」

あれ?かける相手を間違えたかな?
FAXの送り主さんに電話したはずなんだけどなぁ。
それとも、誰かに言われて代理でFAXしてくれただけだったのかな?

しかし、見積書にも確かに「担当者:W」と書いてある。

「まぁいいや。声も若かったし、新人さんが上司の指示通りで見積もったのだろう。」と思い、他の仕事をしていた。

忘れた頃、Wさんから電話

相手「遅くなって済みません。」

私「どうでした?問題ないですよね?」

相手「うんっ。そのまま、項目の金額を引いて頂いたら結構です、とのことでした。」

私「分かりました。では金額は¥○○ということで、よろしいですね?」

相手「うん。それで結構です。うんっ、宜しくお願いします。」

私「・・・・」

・・・???

小学生じゃないんだから、ビジネス界で「うん」は無いよな。
それとも体でも悪いんだろうか?どもりとかのたぐい?癖?

うーん、謎。。。。

 

スポンサーリンク


 

バナー1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です