出来ませんと言う勇気

先日のプレゼン、直前に資料のミスに気が付いた。

作業者は本社の新人。

エクセルで作られたデータ、しかしその内部の数式がおかしい。
当然はじかれたデータもおかしく、そのままでは使い物にならない。

仕方がないので地域の状況を示すそのデータを修正し、関連する地図の塗り直しに着手した。

だがしかし。。。

実際に自分でやってみると、作成困難!

元のこの地図は一体何にどうやって色塗りをしたのだろう?
地名も境界線もろくにない何かのコピーのようなこの地図に何を目安に、どう色づけしたんだ!?

作業者には事前に白地図と普通の都市図も渡していた。

この元図の下図は不明だが、渡した都市図を参照しながら、フリーハンドで描いたのだろうか?

馬鹿な!

こんな仕事は出来ない。

さっそく同行の副社長と相談。

私「この色塗り修正作業は出来ません。白地図に直接書き込んで全てをやり直しします!」

作業を無事に終わらせることが出来たので、プレゼン自体もなんとか成功した。

戻った今日、作業者だった新人さんに言った。

私「出来もしないことをしちゃダメだ。時には、断る勇気も必要だ。それが信頼に繋がるんだよ。社内も、社外もね。」

実行不可能な作業を形だけ整えてごまかしでやってはいけない。
納期も含めて、出来もしないことを出来ますとか、やりますと言ってはいけない。
それは個人の信用も、会社の信用も落とすことに繋がりかねない。周りに迷惑もかけるだろう。

だから、

「出来ません。」と言う勇気を持ちたいものです。

違う方法でアプローチすれば、それは出来ることなのかもしれない。
やはり一旦現実を直視し、冷静に判断しなければならない。

まずはそこからだ。


お中元!準備は済んでいますか??

・・・私はまだです。やばっ!!

人気blogランキング
資格・スキルアップ Ranking部門で奮闘中
元祖人気blogランキング
日記・雑談:会社員・OL Ranking部門に参入
@With人気Webランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です