接客時の注意点【あなたとのかけがえのない時間】

Time

お客さんを訪問しているときの注意点、
お客さんから訪問を受けたときの注意事項、

私は原則として腕時計に目を向けません。

大事なお客さんでしたらなおさらです。

1.腕時計に目をやる=時間を気にしている

2.時間を気にしている=この面談、早く終わりにしたい

3.この面談、早く終わりにしたい=あなたとの時間は私にとっては無駄

4.あなたとの時間は私にとっては無駄=あんたなんか嫌い

なんとなくこのような構図があるように感じているからです。

逆に私から伝えたいメッセージは、
「私はあなととの時間を大切に思っています」です。

ですから、興味のない訪問販売に対しての応対などはともかく、
腕時計を見ることはないです。

しかしながら、実際には予定が詰まっていたり、当然いろいろありますので、事務所でしたら「こっそり(私から)見える位置に壁掛け時計を配置」したり、お客さんのところではやはり「部屋の中のどの位置に時計が置いてあるかを確認しておき、そいつをチラッとみて話の進め方を調整」してはいます。

それが出来ないときには、お客さんが身につけている腕時計を見ています。

腹時計?

案外それも正確だったりしますね(笑)

ちなみに、お客さん自身がお忙しい方であるケースも多く、
その方の時間を最大限に優先し、大切にすることはもちろんです。

 

バナー1

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です