心の優しい人たちへ|愛をありがとう

愛をありがとう

【心の優しい人たちへ】愛をありがとう

数年前、愛知県豊橋市、豊橋駅前のエスカレーター。

いつものように街には、図体だけ大きくなった学生たちと、ナンパ目当ての黒人の大男たち、サラリーマンのおっちゃん。化粧の濃い女子高生。

駅へ向かうエスカレーター。
やはりいつものようにビラ配りや、ティッシュ配りのお姉さんたちがいる。

「今日はなんだ?消費者金融じゃぁなさそうだ。」

東南アジア系の若い女性たち。
一目で水商売とわかるそのいでたち。
エスカレーターの上下に人を配置して、これはどうも見て見ぬ振りは出来そうもない。

「いや、結構です。」とかわしながら昇りのエスカレーターに足をかける。

ところで、
私の少し前には、車椅子を押したおばちゃんが不安定に立っている。

と、そのとき。

「転んだ!」

冗談みたいだった。

押していたおばちゃんが、私の方に転げ落ちてくる。「助けてぇー!」おばちゃんが叫ぶ。靴は飛び、後ろ回りで。

「つかまれ!」

おばちゃんをつかまえるが、体格のいいおばちゃんはさらに転がろうとする。

体も引っかかり、転がる勢いはおさまりつつあったが、当の本人がパニックだ。立ち上がろうとするがさらに転ぶ。

「横を向いてっ!」

私が叫ぶ。

おばちゃんは止まるがエスカレーターは止まらない。

「車椅子は!?」

上を見上げると、かろうじて引っかかった様に止まった?
いや、そこにはさっきの東南アジアの女性たち。車椅子のおばぁちゃんは彼女たちの手で無事に、抱えるように支えられていた。

下を見る。
そこにも東南アジアの女性たち。
万が一、私がおばちゃんを支えきれなかったときの為に?いつでも受け止められるように準備してくれていた。

心ある人たちだ、嬉しかった。
そこにあったのは、暖かい思いやりの心とチームワーク。

彼女達にそっけない態度をとったことを後悔した。
ビラくらいもらってあげればよかった。

しかし、周りにいた男どもはなんだったんだ?
遠巻きに見て見ぬ振り。

日本男児は?いわゆる「男」は死滅したのか?
嬉しかった反面、悲しかった。

独り駅へ歩いた。

「ありがとう。」の笑顔だけを彼女たちに残して。

素敵な彼女たちの幸せを祈っています。

 

スポンサーリンク



フレグランスが最大77%オフ!ブルガリ、エスカーダなど

 

バナー1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です