守秘義務と情報の取扱について

守秘義務

守秘義務。

出来る営業マンほど、たくさんの情報を入手し、活用出来ることでしょう。
その知り得た情報をどう使うか?大事なことです。但し、その取り扱いには十分注意する必要があると思います。

大事なことは「ニュースソースを明かさない」

極秘で入手した情報や、客先で知りえた情報などについて、「決してよそにはもらさない」それが重要だと思います。

これは信用に関わるからです。

オフレコの情報をうかつに流用してしまいがちなので、注意が必要です。

「うちの情報をよそに漏らしやがって・・・。」と反感を買われたり、元々の情報源(情報提供者)の信用を損なう恐れがあるからです。

信用商売の営業マンにとって、信用の失墜は致命傷です。

以降、新たな情報が入手できなくなる可能性があります。

気をつけましょうね。

信用第一の営業マンより

 

バナー1

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です